Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

感染症・免疫

4月25日 FB

春らしい気持ちの良い陽気になりましたが、インフルエンザが再流行しております。
B型の患者さんが増えているようです。
10連休が始まりますと、病院に行こうと思っても難しくなりますのでしっかり免疫力を上げて罹らないように予防しましょう。
食事・運動・睡眠はまず基本!
朝晩は思いがけなく寒かったりしますので、寝冷えしないように足を出したり、お腹を出して寝ないようにしましょう。
寝ている間が一番体温が低くなり、免疫が低下して感染しやすくなります。
普段から免疫アップの【バイオリンク】を欠かさず飲んでいる田辺家ではインフルエンザ知らずです。
連休中、外に出る時には見えないマスク【板藍根】で防御していただくと良いですよ。
今は、外国の方も多いので、日本が夏の時にも常にインフルエンザなど色々なウイルスが持ち込まれます。
心配な方はご相談下さい。
  • 2019.04.25 Thursday
  • 13:10

予防・未病

4月24日 FB

他の薬局さんを見学させてもらいました。
というのも、LINEでその薬局の先生から「お誕生日の今月、自分の今の状態を知りませんか?」とご連絡が。
田辺薬局には置いていない機械もあるようですし、他の先生がどう見立てるのか気になったのでご招待を受けました。
当日、電車が遅れたり、駅を間違えてしまったりしたので、LINEでやりとりしながら薬局に着くと「あら〜どうしたの? こんな遠くまでいらっしゃって」「???」。
同姓同名のお客様に送ったつもりだったそうです。
偶然、誕生月まで一緒でしたので誤解が解けないまま。
LINEの履歴を見ながら「どうして分からなかったのだろう」と大笑い。
そのまま薬局を見学させてもらい、問診、望診、ツボに電流を流して状態を見る機械もやっていただきました。
バイオリンクを毎日飲んでいるからか、エネルギーはかなり充実しているようでしたが、脾胃の弱さは梅雨の時期ちゃんと気をつけます。
突然お邪魔しましたが(そんなつもりはなかったんですが)とても楽しかったです。ありがとうございました。
  • 2019.04.24 Wednesday
  • 13:59

老化

4月22日 FB

健康寿命や寝たきり・認知症リスクに大きく関係する「骨」。
骨粗しょう症が心配なお年寄りは多いと思います。
しかし!
本当の骨対策は若い頃から始まるのです。
骨環境は、「腎」環境。
古い骨を壊し、新しい骨に入れ替える司令塔は「腎」ですが、これは成長・発育・生殖など「人間の一生」に関わります。
子どもの頃発育が遅い、思春期に生理・精通が遅い、なかなか子宝に恵まれない、腰痛・膝痛・足腰の弱り、おしっこの問題、更年期障害、認知機能低下などなど。
腎を元気にして、丈夫な骨を最後まで維持しましょう!
カルシウムやビタミンDを取っても不安な方はご相談下さい。
  • 2019.04.22 Monday
  • 13:22

身体

4月20日 FB

HPに「ひみつの漢方薬 こむらがえり」をアップしました。
夜中に突然の痛みで起こされるこむらがえり。
1晩のうちに何度もくり返してしまう方もいらっしゃいます。
漢方薬の「芍薬甘草湯」は、つってしまった時に即効性もありますし、予防もできる優れものですが、なかに効かない人も。
腸内環境に問題があるそうです。
お腹が元気になって、芍薬甘草湯をちゃんと分解出来ると効果をあげられるので、「健脾薬」や腸内環境元気にする「イサゴール」や「バイオリンク」などと一緒に使うと良いのです。
芍薬甘草湯は、筋肉のけいれんによる痛みをやわらげるので、ばね指ですとか、胃痛・腹痛などにも使えます。
痛みの種類によっては別の漢方薬になりますので、ご相談下さい。
  • 2019.04.20 Saturday
  • 15:14

予防・未病

4月18日 FB

水飲み健康法が、身体に合っているタイプと全く合わないタイプがいます。
漢方でいう「脾」「腎」の強さですね。
「脾」「腎」が弱い人が、水がいいですよ〜と言われて飲んでもどんどん水の巡りが悪くなって食欲が低下したり、むくんだり、めまいがしたり、おしっこが近くなったり。
観葉植物でも、水が好きなものと乾燥が好きなものがあります。
薬局にある、マイナスイオンで空気を浄化してくれるという「サンスベリア」に、他の植物と同じようにお水をあげていたら葉っぱが倒れて来て枯れて来ました。
お客様から聞いた話では、冬の間、気温が10℃を下回る時にはほとんど水を上げなくて良いくらいだそうです。
真冬にトイレばかり行っているお年寄りに、脱水になるから水を飲めと言っても具合が悪くなるというのと同じようです。
【腎】の働きを高めながら、温かい飲み物で水分補給するなど万全の態勢が必要なんです。
  • 2019.04.18 Thursday
  • 14:04