Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

身体

2月15日 FB

身体が「ダルオモ(だる重い)」の方。
今年は、まだ2月だというのにこの陽気ですから、自律神経が乱れてしまっています。
さらに甘い物を取り過ぎていると、糖を代謝するビタミンB1が消耗し、エネルギー代謝が落ちて疲れやすくなります。
バレンタインでたくさんチョコをもらった方も、ビタミンB1不足にならないよう、豚肉、大豆、魚卵などを先に食べて下さい。
もちろん甘い物は食べ過ぎないようにしましょう。
また来週には寒くなります。
気温差に神経がやられないように、しっかり材料補給を。
タンパク質、ビタミン、ミネラルは、肉、魚、大豆製品、野菜、海藻などで3食補って下さい。
ダルオモがなかなか改善しない方はご相談下さい。
  • 2020.02.15 Saturday
  • 13:23

感染症・免疫

2月14日 FB

新型コロナウイルス、新たなフェーズに入っているのでしょうか。
感染経路がつかめなくなると、加速度的に広がっていってしまいます。
マスクは予防としては弱いという事ですが、広げないためには着用して下さい。
そしてうがい、手洗いの徹底を!
アルコールが手に入りにくい状態ですが、しっかり流水で洗い流して目、鼻、口に入らないようにしましょう。
そしてくどいようですが、最後は自分の免疫力勝負!
冷たいものを取り過ぎて体温を下げないようにして下さい。
不安な方は漢方薬で元気増強を!
  • 2020.02.14 Friday
  • 16:53

身体

2月13日 FB

糖質・甘味はコカインよりも中毒性が高いと言われています。
「気持ちが良い」「快感」と感じると脳から【脳内報酬系】のホルモンが分泌されますが、脳神経の主なエネルギー源である糖質を取ると快感を感じ、報酬系が活性化。
ますます糖質を取りたくなります。
また、甘味自体も味覚神経を介して報酬系を活性化します。
甘みの強い「果糖ブドウ糖液糖(ジュースなどに入っている)」が中毒になりやすいのはこのためです。
精製した糖を取り始めたのは、人類の歴史から言えば極最近の事。
研究で分かってきているのは、糖質を取ると食事量が増える、老化が早まる、太りやすくなる、糖尿病になる。
「糖質制限は難しい」という方は、取り方を変えましょう。
詳しくは店頭で。
  • 2020.02.13 Thursday
  • 14:48

炎症

2月12日 FB

お口の中は雑菌がいっぱい。
口腔内に常在する菌は、700種類以上。
歯垢1mgあたり、菌は1000万〜1億個います。
増えた菌を退治するために白血球ががんばって炎症性サイトカインという物質を放出します。
しかし、これが出血しやすい歯茎にしてしまい、歯周病に。
この炎症性サイトカインが全身の血液中を巡ると、糖尿、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。
お口の健康が全身の健康につながっているのです。
毎日のお手入れと、弱った歯肉を元気にする栄養素・エネルギーの補給を!
若い方も油断大敵です。
ストレスの多い方は、唾液の分泌が減って、口腔環境が悪化しています。
  • 2020.02.12 Wednesday
  • 15:21

血液ドロドロ・生活習慣病

2月10日 FB

血液ドロドロの方は、固まりができやすくなります。
女性でしたら、生理の血塊、子宮筋腫、子宮内膜症など。
そしてポリープ、腫瘍、ガンなどもそうです。
血液がドロドロになった原因を改善しないと、固まりをとってもまた出来てしまいます。
エネルギー不足によるもの、ストレスによるもの、メタボ・肥満によるもの、貧血によるもの、冷えによるもの。
気・血・水がスムーズに流れる身体にならなくてはいけません。
運動は、とにかく血を押し流してくれますからどんなタイプの方も毎日こつこつやっていただく必要があります。
強度はタイプによって変えなくてはいけませんが。
漢方薬・天然栄養食品で調子を整えながら、ぜひいい汗をかいて下さい。
  • 2020.02.10 Monday
  • 16:16