Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

血液ドロドロ・生活習慣病

6月5日 FB

新型コロナによる血栓症が問題になっています。
それでなくても、汗をかいて体液・血液が濃縮しやすい時期ですので、コロナ重症化予防としても血液サラサラを!
脂っこい食事や甘い物を食べた後に赤血球を見てみると、バラバラに流れていたものが見事に数珠つなぎになって流れが悪くなります。
ケガをした時に固まる「血小板」の凝集作用を抑えるだけでは血液サラサラにならないのです。
目の下にクマができやすい、唇が紫色、シミが多い、静脈瘤がある、頭痛・肩こり、生理痛がひどい、あざができやすいという人は「血液ドロドロ」タイプ。
肥満、高脂血症、脂肪肝、身体が重だるい、むくみやすい、白っぽい痰がよく出る、めまい、いつも眠い人は「水分・血脂代謝異常」タイプ。
血が足りなくて流れが悪い「貧血」タイプや、血液を押し流す力が弱い「エネルギー不足」タイプなども。
コロナなにかかる前に、血液を少しでもキレイにしておきましょう。
自粛で体重が増えてしまった方は要注意です!
  • 2020.06.05 Friday
  • 12:57

季節の養生

6月4日 FB

湿気で蒸し蒸しし始めると、気持ちもウツウツとして来ませんか。
初夏は、「春=肝(怒り、イライラ)」から「夏=心(不安、不眠)」そして「梅雨=脾(考えすぎ)」への変化で不調が出やすくなります。
特に脾(胃腸)は湿気に弱いので、食べ過ぎに注意が必要です。
気分転換に、ストレス発散にと、甘いものやお酒、コーヒーなど好きなものを偏って食べていると消化機能に負担がかかり、炎症体質に。
この時期は、【身体に良いものを食べる】よりも【バランス良く腹6分目】を目指して下さい。
特に糖質は少なめに。
炎症を助長したり、余計な水をため込みやすくなってしまいますので。
ご飯、麺類、パンという主食よりも、お肉、お魚、豆類、野菜、海藻などをしっかり食べて下さいね。
胃腸の湿気を取る漢方薬もございますので、不調が続く方はご相談下さい。
  • 2020.06.04 Thursday
  • 13:52

運動・筋トレ

6月3日 FB

通っていますキックボクササイズのジムも再開が決まりました。
人数制限の上、マスク着用で行われます。
試しに家でやっている動画を見ながらのエクササイズの時にマスクを付けてみましたが、やはり息苦しい・・・。
動画では10分の運動ですが、ジムでは荷重も加わった状態で30分。
途中で倒れないように、水分・塩分補給だけでなく、熱中症予防の【麦味参顆粒+霊黄参】飲んでいかなくては。
しかし、広い場所で気持ち良く身体を動かせるのは、本当にありがたいです。
非常事態に直面すると、日常生活のありがたみが分かりますね。
  • 2020.06.03 Wednesday
  • 13:01

感染症・免疫

6月1日 FB

6月1日。
様子を見ながらではありますが、動き始めます。
以前とまったく同じように戻れるのか、新しい流れとなるのか分かりませんが。
人の流れができれば、やはり感染増は避けられません。
どうやって無症状、もしくは軽症で済ませられるかは、自身の免疫の力にかかっています。
次亜塩素酸水や度数の低いアルコールでは、コロナウイルスに効かないというデータも出てきていますので、きちんと時間をかけて石鹸水洗いをする・消毒用エタノールを使う事。
ビタミン・ミネラルなどの栄養素をしっかり摂り、睡眠・運動・快便に気を配り、ストレスをため込まない。
基本的な事ですが積み重ねていくしかありません。
栄養、血流、持病のケアなど心配な所は、漢方薬・栄養食品でカバーいたしますので、今日からまた気持ちを新たに頑張っていきましょう!
  • 2020.06.01 Monday
  • 13:59

身体

5月30日 FB

睡眠時無呼吸症候群は太った男性が発症するイメージが強いと思います。
しかし、条件によっては痩せていても、女性でも起こります。
特徴的体型
〇首が短い
〇首が太く、周りに脂肪がついている
〇小顔、下あごが小さい
〇下あごが後方に引っ込んでいる
〇歯並びが悪い
〇舌や舌のつけ根が大きい
漢方的に言うと、下あごの小ささは「腎虚(生まれつきの虚弱体質の方など)」、舌の肥大は「脾虚(胃腸機能低下)」が考えられます。
男女比で言えば、男性の方が2,3倍発症しやすいですが、女性は閉経を迎えるとグッと発症率が高まります。
男性は血液サラサラが、女性は老化予防が必要に。
脳、心臓、血管に負担がかかるので放置せず、ご相談下さい。
  • 2020.05.30 Saturday
  • 14:02