Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

感染症・免疫

9月5日 FB

1日のアルコール摂取量が10〜20g増えるごとに肺炎にかかるリスクが8%増加するという分析結果があります。

アルコールが免疫力を下げてしまうのです。

免疫には3段階あり、まずは“乕翡緩譴派存饗里凌入を防ぐ「免疫バリア」、次に体内に侵入した病原体をマクロファージや食細胞がパクパク食べてしまう「自然免疫」、そして最後にリンパ球などが主体となって抗体を作って排除する「獲得免疫」。

アルコールは3段階いずれにも直接影響を与えるそうです。

「お酒で消毒だ!」というわけにはいかないようですね。

肝臓も疲弊させないように、休肝日を設け、飲み過ぎにはご注意を!

心配な方はご相談下さい。

  • 2020.09.05 Saturday
  • 12:50

感染症・免疫

8月8日 FB

新型コロナは、軽症で済んだ方でも後遺症が残ってしまう事があります。

味覚異常、嗅覚異常、だるさや呼吸困難、関節痛、胸痛など。

また、自覚症状だけでなく、退院3か月後に胸部CT画像や肺機能を調べた結果、様々な異常が認められる事も。

コロナを発症した人は公費で検査や治療を受けられますが、陰性となり、退院した後にも持続している症状や新たに現れた症状に対する治療は自己負担になるようです。

いかに早くコロナのダメージから回復するか。

コロナに罹る前からの備えが大切です。

厳しい暑さで思わぬ消耗もしていますから、体調に不安のある方はご相談下さい。

  • 2020.08.08 Saturday
  • 14:44

感染症・免疫

7月13日 FB

連日のコロナ感染者の数を聞いていると、どんどん気が滅入ってきてしまいます。

大規模な自粛はもう難しいと思いますので、とにかくご自身の免疫力が頼みの綱。

5月6月に頑張って自粛した【ストレス疲れ】で免疫力が落ちてしまっている方は、ここでしっかり立て直して下さい。

漢方では、体表面のバリア力を【衛気】と言いますが、体内に異物を入れないように頑張る機能を指します。

衛気は「脾(胃腸)」から栄養を受けます。

新鮮な野菜や果物、健康的な肉・魚などを食べるだけでなく、食欲不振、胃もたれしやすい、食後眠くなる、お腹が張る、便秘や軟便など常日頃から胃腸が弱い人は免疫力が弱くなっています。

しっかりお腹を元気にする【健脾薬】などでウイルスを体内に入れないバリア力を身につけて下さい。

  • 2020.07.13 Monday
  • 13:30

感染症・免疫

6月29日 FB

血液型の性格診断は科学的根拠が乏しいものですが、病気の発症リスクの違いはエビデンスとともに明らかになっているそうです。
今回のコロナも、A型は重症化しやすく、O型は軽症で済むという報告も。
そもそも血液型を区別するのは、血漿の抗体の違い。
A型は「抗B抗体」を持っており、B型は「抗A抗体」、O型は「抗A抗体」「抗B抗体」両方を持ち、AB型は抗体を持っていない。
抗体は免疫にかかわるので、2つとも持っているO型は免疫力では最高。
ただ胃潰瘍、十二指腸潰瘍にはかかりやすいそうです。
A型は胃ガン、糖尿などの生活習慣病、B型はすい臓ガン、AB型はインフル、肺炎、認知症になりやすいとか。
とはいっても、「なりやすい傾向」が高いのであって、やはり日々の生活習慣などが関わってきますから食事・運動・睡眠など注意して病気にならないようにしましょう。
バランスが乱れている所は漢方薬がフォローします。
  • 2020.06.29 Monday
  • 13:09

感染症・免疫

6月1日 FB

6月1日。
様子を見ながらではありますが、動き始めます。
以前とまったく同じように戻れるのか、新しい流れとなるのか分かりませんが。
人の流れができれば、やはり感染増は避けられません。
どうやって無症状、もしくは軽症で済ませられるかは、自身の免疫の力にかかっています。
次亜塩素酸水や度数の低いアルコールでは、コロナウイルスに効かないというデータも出てきていますので、きちんと時間をかけて石鹸水洗いをする・消毒用エタノールを使う事。
ビタミン・ミネラルなどの栄養素をしっかり摂り、睡眠・運動・快便に気を配り、ストレスをため込まない。
基本的な事ですが積み重ねていくしかありません。
栄養、血流、持病のケアなど心配な所は、漢方薬・栄養食品でカバーいたしますので、今日からまた気持ちを新たに頑張っていきましょう!
  • 2020.06.01 Monday
  • 13:59

感染症・免疫

5月28日 FB

海老名市の薬剤師会からアルコールをいただきました。
市内の酒造メーカーさんが作ったものですので、入れ物が酒瓶です。
大きく「飲用不可」と書いてはありますが、間違って飲んでしまいそうです。
マスクは大分出回ってきましたが、まだまだアルコールは手に入れにくい状況が続いています。
転売がなくなるともう少し良くなると思うのですが。
また、気をつけていただきたいのが、アルコール代わりに使っている方も多い次亜塩素酸水。
紫外線に弱いため、遮光瓶入れたり、取り扱いに注意しないと数時間で【ただの水】になってしまう事もあります。
体の中に入ってしまったウイルスは、自分の免疫で殺すしかありませんので、第2波、第3波が来る前にぜひ免疫強化を!
  • 2020.05.28 Thursday
  • 14:06

感染症・免疫

4月3日 FB

知り合いの産婦人科医院。
昨日東南アジアから帰国したという若いお嬢さんが「子宮頸がんワクチンを打ってほしい」と来院されたそうです。
なにもこんな時期に妊産婦さんがいっぱいいる所に来なくても、と言ったら「忙しいので他に日がない」とか。
ん〜人への配慮もそうですが、健康状態が整っていないと自分への影響もありますから。
なんでもかんでもワクチンを打てばそれでOKという事ではありません。
若い人にも分かっていただけるようにお話ししなくてはいけませんね。
食事、運動、睡眠などの日常生活を整える重要性も。
  • 2020.04.03 Friday
  • 13:21

感染症・免疫

3月27日 FB

水ぼうそうを罹った人ならば、なる可能性のあるヘルペス・帯状疱疹。
私も5年以上前になりますが、鼠径部にヘルペスができました。
なんだかボコボコと水ぶくれができるな〜と思っていたら熱も出始め、皮膚科で「ヘルペスです」と診断。
病院のお薬は飲まず、漢方で治しましたが。
そして、昨日眠っていると、なんだか脇腹にパジャマがこすれ、ピリピリと痛みが走りました。
「これは絶対に帯状疱疹の前触れ!」と飛び起き、皮膚にまったく変化はなかったのですが、すぐに板藍根・霊黄参・バイオリンク503というスペシャルセットを飲みました。
明け方までチクチク気になりましたが、朝起きた時には多少の違和感を残すのみに。
しかし、用心のため今朝も一式飲んできました。
これで収まると良いのですが。
やはり季節の変わり目は色々な不調が出やすいですので、皆様もご注意下さい。
  • 2020.03.27 Friday
  • 15:45

感染症・免疫

3月25日 FB

東京の感染経路不明なコロナ陽性患者が増加中ですね。
このまま増え続ける様なら都市封鎖という事態もありうるのでしょうか。
現在、DMを作っておりますが、非常事態となった時に来店せずともよいように、FAXでの注文用紙を作成しました。
使わなくて済めばよいのですが、万が一に備え。
なんとなく、4月になったら・・・なんて思うところもありましたが専門家からするとまだ入り口だそうですね。
ここでどう動くかで1か月先、半年先、1年先が変わってくるという事ですから、気を引き締めていかなくては!
とはいえ、マスク、アルコールが不足していますから、自分の免疫を落とさないように、ストレスはかけ過ぎないようにしましょう。
マイナスな事は考え過ぎずに。
不安感が強い方は、気の流れを整える漢方薬をお使い下さい。
  • 2020.03.25 Wednesday
  • 15:11

感染症・免疫

2月28日 FB

新型コロナウイルスに感染し、重症化してしまうのは【高齢者】【基礎疾患有り】の方。
特に、心臓疾患、糖尿病、呼吸器疾患のある方は死亡率も高くなっているようです。
ウイルスの予防もですが、基礎疾患の養生をして、少しでも状態を良くしておく事も大事になります。
薬で抑えているだけでは、炎症がひどくなったり、免疫が落ちてしまった時に急激に悪くなってしまいますから。
今こそ、食事・運動・睡眠に注意をして、血液・血管の汚れをデトックスし、身体の負担を減らしましょう!
漢方薬では「気・血・水」の流れを整えるものや活力の元となるエネルギーの補給などをタイプに合わせて使います。
精神的にもふさぎがちになるこの頃ですので、うまくストレスを解放させながら乗り切りましょう!
  • 2020.02.28 Friday
  • 14:43