Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

薬膳

7月26日 FB

昨日の土用の丑の日はうなぎを食べられましたでしょうか。
うちはうなぎが苦手な人が多いので、食べる習慣がありません。
2017年はもう1日、土用の丑の日があります。
8月6日(日)です。
そもそも土用は夏だけではなく、春夏秋冬にあり、季節の変わり目を表します。
春から夏、夏から秋、秋から冬、冬から春、季節の服をクリーニングに出してリセットするように、季節の変わり目に身体がついていけるように調整する期間です。
うなぎを食べるようになったのは、丑の日に「う」の字がついた食べ物を食べると夏負けしないという話があり、平賀源内がうなぎ屋さんに張り紙をしたところ大繁盛したのだとか。
うなぎではなくても良いのです。
胃腸が弱っている方は、かえってうなぎは良くないかも。
四季それぞれに土用があるわけで、四季それぞれに体調を整えるものは違います。
冷たいもので胃腸が冷えている方は、お腹を温めるもの。
食欲、消化能力が落ちている方は、消化の良いもの。
もっとエネルギーをつけたい方は、栄養価の高いもの。
漢方薬も使うものが違いますので、不調がある方はご相談下さい。
  • 2017.07.26 Wednesday
  • 15:59

薬膳

6月5日 FB

 

お庭に咲いていたというユリと、グミの実をいただきました。
グミも枝についた状態でいただいたのですが、写真を撮る前に父に全部むしられておりました。
・・・残念。
桑の実は学校帰りに食べた事がありますが、グミは初めて。
最初ちょっと渋味がありますが、甘くて美味しいです!
野いちごや桑の実よりも食べやすいかもしれません。
グミには抗酸化作用の成分がいっぱいです。
ビタミンEはフルーツの中でもトップクラスの含有量。
その他、βカロテン、リコピン(トマトの赤い色と一緒)なども抗酸化作用があります。
お菓子のグミは、このグミの実から名前がついたのではなく、ドイツ語の「Gummi(ゴム)」から来ているそうです。
自然のおやつから元気をいただきました!
  • 2017.06.05 Monday
  • 14:57

薬膳

4月20日 FB

母の田舎から笹だんごが送られて来ました。
お土産としては1年中売っている笹だんごですが、この時期は特別。
端午の節句に合わせて、今年取れたヨモギでおだんごを作ります。
ヨモギのつぶつぶが見え、もちもちと美味しいです。
昔は家庭で手作りしていたとか。
おだんごを包む笹の葉はその前の年に取っておくそうです。
旬のものをいただくと元気が出ます!
夕食もちょうどご近所様から生のたけのこをいただいたので、ヌカでアク抜きをしてたけのこご飯と煮物にしていただきました。
気温差が激し過ぎて体調を壊さないよう、一番エネルギーを蓄えたものをしっかり食べて下さい。
  • 2017.04.20 Thursday
  • 16:19

薬膳

4月3日 FB

昨年もこの時期同じ場所で勉強会でした。
勉強会帰り、神宮球場のチューリップがキレイに咲いていましたが、今年はまだチラホラ。
昨年より寒いのですね。
外気温に負けない様、食べ物で身体を温めたり,余分な熱を冷ましたり調整して下さい。
ただ、同じ食べ物でも産地が違ったり、旬なのか季節外れなのかでも冷やし方が違うそうです。
甘味、辛味、苦味、酸味、鹹味(塩辛い)の「五味」も、品種改良によって昔の分類と違って来ている野菜も。
ただ、この五味は、食べた味だけではなく、味が違っていても効果から「味」が決まっているところもありますから、一概には言えないです。
本当は家族それぞれ、体質に合わせて食べるものを変えた方が良いのですが、それでは作る方が大変です。
食べる時に、ちょっとショウガを足す、レモンをかける、麦茶じゃなく緑茶にするなどの一手間でもちょっと違いますので、詳しくは店頭でお聞き下さい。
  • 2017.04.03 Monday
  • 14:15

薬膳

4月1日 FB

お客様から「ツルナ(蔓菜)」をいただきました。
おひたし、みそ汁の具、天ぷらにすると美味しいとの事だったので、夕飯に天ぷらにしてみました。
日本の海岸をはじめ、太平洋沿岸の各地の砂地に分布しているツルナ科の多年草で、新芽や葉っぱはホウレンソウのように食用でき、英語ではニュージーランドスピナッチというらしいです。
昔から日本の民間薬「蕃杏(ばんきょう)」として、胃炎や胃の痛みなどに使われていました。
鉄分、カルシウム、ビタミンA、Bが多い。
軽く片栗粉をまぶしてから、天ぷらの衣をつけて揚げたので、サックサク!
くせもなく大変美味しくいただきましたので、写真を撮るのも忘れておりました。
胃の調子が良いかどうかは・・・わかりません。
まだまだ知らないお野菜がいっぱいありますね。
  • 2017.04.01 Saturday
  • 15:04

薬膳

3月22日 FB

昨日の夕食は鍋だったのですが、あるまじきものを間違えて入れてしまいました。
我が家ではよく作る中華鍋ですが、ザーサイ、チンゲンサイ、豚肉、エリンギ、もやし、豆腐などを入れます。
ザーサイの塩気とごま油の香りで、〆はラーメン。
いつもはスライスしたエリンギを入れるのですが、冷凍庫に縦に裂いたものしかなかったのでそれで作りました。
皆で食べ始め、エリンギを取ると微妙に煮くずれている?
不振に思いながら口に入れ、噛み締めると・・・甘い!!
母も食べると「・・・あっ、これ干し芋だ」
いただきものの干し芋に霜が付いていた事もあり、エリンギと間違えて入れてしまったようです。
その例えようも無い味・・・。
元々甘じょっぱい、甘酸っぱい、甘辛いという味が苦手な私には衝撃的な味でした。
酸味、苦味、甘味、辛味、塩味という「五味」はそれぞれ肝、心、脾、肺、腎を補いますが【中華鍋に干し芋】はオススメしません。
  • 2017.03.22 Wednesday
  • 13:52

薬膳

1月12日 FB

畑をやっているご近所の方から立派な大根をいただくのも嬉しいのですが、間引いた小さい大根や大根葉も重宝します。
大根葉は、じゃことかつおぶしと一緒に炒めて、熱々のご飯のお供になりますし、さっと茹でて冷凍しておけば手軽にお味噌汁の具にも。
また、新潟出身の母の郷土料理「煮菜」にも使います。
本来は「体菜」という塩漬けの菜っ葉を塩抜きして使うそうですが、なかなか手に入らないので、大根葉と打ち豆(大豆を平たくつぶしたものを乾燥させたもの)などで作ります。
ちょっと青物が少ない時などに本当にありがたいです。
大根葉は緑黄色野菜に分類され、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、カリウム、カルシウムなども豊富です。
栄養素でいったら大根本体より栄養があります。
捨ててしまったらもったいないですよね。
季節のお野菜を美味しくいただきましょう。
  • 2017.01.12 Thursday
  • 14:14

薬膳

1月4日 FB

2017年の営業がスタートいたしました。
本年もよろしくお願いいたします。
喪中という事もあり、おせち料理の食べ過ぎがなかったおかげで胃腸を壊す事もありませんでした。
やはり食べ過ぎは禁物ですね。
自分でセーブすれば何と言う事もないのでしょうが、目の前にあるとついつい・・・。
欲深い人間です。
食べ物について、ちょうど料理研究家の土井善晴さんの対談を読みました。
料理において「鮮度」が占める割合はとても大きい。
とりたての魚、もぎたてのりんご、家に持ち帰ってもやっぱり2、3日で【いのちの勢い】がどんどん無くなっていく。
寒〜い地域の昔ながらの家で漬けた漬け物も持って帰ると不味くなる。
2℃ぐらいの温度変化で、微生物の生態系がごろっと変わってしまうから。
食べる事はいのちを頂く事ですから、せめていつ作られたものかわからないものではなく、作ってすぐの料理を食べていきたいですね。
  • 2017.01.04 Wednesday
  • 12:29

薬膳

11月19日 FB

 

お客様から「隼人瓜(はやとうり)」をいただきました。
ご自宅の畑で作られたそうです。
初めて聞く野菜ですが、関東より西の暖かい所で栽培されているようです。
さすが「クックパッド」さんにはレシピがいっぱい紹介されていました。
サラダ、浅漬け、バター炒めなどから、いつも食べている冬瓜と同じようなので「煮物」に。
それにしても、皮をむいているとネバネバの液が出て来て手がカピカピになってしまいました。
ネットでも『手荒れに注意』と書いてありましたが、荒れると言うより粘液が膜を張り、ぼろぼろと落ちてくると荒れているように見えるみたいです。
お風呂に入って指がふやけたところ、比較的落ちやすかったです。
お味は冬瓜よりも実自体が甘く、ちょっとお芋のようなほっくり感があり、美味しかったです。
まだまだ知らない野菜がいっぱいあるんでしょうね。
  • 2016.11.19 Saturday
  • 14:26

薬膳

9月5日 FB

 

ゴスペルでご一緒している方からモロヘイヤいただきました。
ご自分の畑で作られたそうです。
あまりうちでは馴染みのない食材なので、レシピを検索し、オクラとエノキと和えてみました。
調味料は、今マイブームの「うめ酢」。
写真で見ると、まるでこれから「うめ酒」で一杯!て感じですが、「うめ酒」ではなく「うめ酢」です。
梅干しを塩で漬けた時に出る液体。
これは酢も砂糖も余計な物は加えていないのですが、風味があって美味しいんです。
ポテトサラダのベースに使ったり、唐揚げの下味に使ったり。
モロヘイヤは、栄養価が高く夏バテ予防の夏野菜。
食物繊維もビタミンもたっぷりです。
お味噌汁に入れてもいいとのことなので、これからも食べてみたいと思います!
  • 2016.09.05 Monday
  • 13:30