Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ダイエット

7月31日 FB

西の方から梅雨が明けていくようです。

はぁ、長かったですね。

これで季節は、「長夏(梅雨):脾(胃腸)」から「夏:心(心臓・脳)」へと変わっていきます。

暑さ本番を迎えると、息苦しくなったり、動悸がしたり心臓に不調が出る方が増えます。

そして「心は神」、精神や脳の働きにも関係が。

脳血管障害で倒れる方が8月に増えるのもうなづけます。

血液の粘りを取る意味でも、余分な脂肪を落としましょう!

体型的に問題がなくても、おなかポッコリで肝臓に脂肪がついている「脂肪肝」の人は特に要注意です。

スポーツドリンク、清涼飲料水、アイスなどで思ったよりも糖分が入りやすく身体を冷やして燃焼効率を下げてしまっています。

燃えにくくなっている方はご相談下さい。

  • 2020.07.31 Friday
  • 13:11

ダイエット

3月26日 FB

10月からダイエットを頑張っていらっしゃる60代男性のお客様。
筋肉や脂肪の量を測る、体組成計の測定で、当店初の「103点(120点満点)」が出ました。
いや〜100点を超える方も珍しいのですが。
測定当初は89点で、内臓脂肪の値も高く、体脂肪率も30%を超えていらっしゃいました。
筋トレと食事制限とをキッチリやっていただきながら、腸内浄化・脂肪燃焼をあわせて5か月。
良い結果が出てこちらも嬉しいです。
運動と食事と両方頑張れる方はなかなかいらっしゃらないのですが、やはり「燃やす場所を作って余分なものを減らす」どちらが欠けても痩せにくいのが実状です。
年々痩せにくくなると感じる方、ご相談下さい。
  • 2020.03.26 Thursday
  • 16:26

ダイエット

3月2日 FB

週末1日、胃腸を休める【プチ断食】を友人と一緒にやってみました。
家ですと周りに何かしら食べ物があり、誘惑に負けてしまいそうだったので、朝ごはん食べずに集合し、お昼頃からネットカフェにおこもり。
低血糖やエネルギー不足、水分不足を予防し、細胞のデトックスを促すために【バイオリンク源液50ml】をお湯に割ってちょいちょい飲みながらマンガを読んだり、お昼寝したりして夜まで過ごしました。
詳しい経過については、HPに今後あげたいと思います。
今日は普通に食事を始めていますが、やはり現代人は胃腸を使い過ぎています。
大量に食べなくても、お腹が空いていないのにちょこちょこ食べていたりと、常に働かされていると様々な障害が。
何日もの断食はつらいでしょうから、週末1日や夕食だけなど体質・体調に合わせてチャレンジしてみてください。
ただし、何も食べない・飲まないは危ないですので、バイオリンクや酵素、甘酒など補助食品を使いながら行いましょう。
詳しく知りたい方はお声かけ下さい。
  • 2020.03.02 Monday
  • 14:31

ダイエット

11月1日 FB

今年も残り2ヶ月に。
来年のカレンダーが出来上がりましたので、ご来店の方にお配りいたしますが数に限りがございます。
ご入用の方はお早めにお越し下さい。
日照時間が短くなる11月。
大昔からの遺伝子の記憶により、「冬は食べ物が少なくなり、飢える危険が増える」と身体に脂肪を溜め込もうとします。
余計なものを食べると全て溜め込んでしまう・・・。
さらに空気が乾燥して潤い成分が減り、だ液が少なくなるので味の濃いものを欲しやすくなります。
加工食品、添加物の多いものは控えましょう。
身体に潤いを与え、熱量を増やす漢方薬でこれからの寒い時期を乗り越えて下さい。
感染症予防にもなりますよ。
  • 2019.11.01 Friday
  • 12:06

ダイエット

5月11日 FB

段々と暑くなって薄着になると、気になってくるのが二の腕のぷるぷる、脇やお腹のはみ出たお肉。
今、ダイエットを始める方に注意していただきたいのが【夏バテ】。
食事を減らすと、どうしてもタンパク質や良質な脂質も避けてしまいがちに。
筋肉が減るとバテるだけでなく、ますますやせにくい身体になってしまいますので、新しい細胞を作る原料となるタンパク質・脂質は減らさないようにして下さい。
そのかわりに減らすのが、炭水化物・糖質です。
ご飯、パン、麺類、砂糖、みりん、ケチャップ。
果物も、甘〜いものではなく、酸っぱいものを取るようにして下さい。
カロリーを抑えながらタンパク質が取れるダイエット食品も扱っています。
食事制限がなかなか出来ない方はご相談下さい。
  • 2019.05.11 Saturday
  • 12:28

ダイエット

11月4日 FB

連休中、おいしいものを食べていらっしゃるでしょうか。

 

秋の味覚の誘惑に、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

 

暴飲暴食・ダラダラ食べにより → 消化にエネルギーを使い過ぎる → 体の修復に回らない → 細胞の入れ替わりがスムーズにいかない → なんとなく元気がない

 

こんな胃腸を放置しておくと、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなってしまいます。

 

胃腸を休め、本来の力を取り戻す事が大切です。

 

連休最終日の夕飯は「プチ断食」してみては?

 

プチ断食の仕方も色々ありますが、腹6分目に抑える、タンパク質主体のダイエットフードに切り替え、酵素食品やクロレラ源液のお湯割りなどなど。

 

体調に合わせてアドバイスいたしますのでご相談下さい。

 

ダイエットの目的ではなく、健康維持のためのプチ断食は現代人に必須かもしれません。

  • 2017.11.04 Saturday
  • 14:06

ダイエット

7月20日 FB

ダイエットサプリメントの中には、下剤が入っていて、便を出す事によって体重を落とすものがあります。
お腹の大掃除は大切ですが、下剤では自分の腸内細菌、いいものも悪いものも出してしまう事に。
腸内細菌バランスを整えないと、やせ体質にはなりません。
善玉菌が作ってくれる「短鎖脂肪酸」が重要なのです。
脂肪の蓄積をブロックしたり、合成を抑えたり。
短鎖脂肪酸はその他にも、腸壁を防御してアレルギーを抑制したり、大腸ガンの増殖を抑えたりする効果もいわれています。
善玉菌が短鎖脂肪酸を作るには多糖体や食物繊維が必要です。
ネバネバの食べ物や野菜、こんにゃくなど。
もちろん健康食品にも腸内環境を整えるものがあります。
気持ちよい排便と、すっきりスリムを目指したい方はご相談下さい。
  • 2017.07.20 Thursday
  • 15:08

ダイエット

3月13日 FB

40歳を過ぎると、ただやせてもキレイになれないそうです。
太っているのではなく、たるんでいる身体をなんとかしないといけない。
体重があっても、脂肪があっても、筋肉がついていてハリがあるとキレイに見える。
体重が少なくても、筋肉が少なければたるみで体型が若い頃とは変わって来ます。
顔、背中、下半身・・・たるみを実感している方も多いのでは。
ですから、食べ方、運動の仕方が大事ですし、その効果を最大に引き出すために血管の柔軟性も向上させなくてはいけません。
長年の汚れがついた血管は、固くなって毛細血管の血流が悪くなっています。
すると栄養と酸素が全身の細胞に行き渡らずに燃焼効率が低下しますし、細胞にたまった汚れも除去できません。
大掃除しながら、ハリのある身体を作っていきましょう!
健康診断が心配な方もご相談下さい。
  • 2017.03.13 Monday
  • 14:01

ダイエット

1月6日 FB

「はい、お腹へこませて〜」と、ヨガなどで言われるのですが。
30代、40代と年を重ねると下腹部が思うようにへこませられず、どんなに頑張っても下腹ポッコリに。
若い方には、わからないでしょうね。
腹筋・背筋が衰えてきているサインです。
もっと年齢が上がると、排便の時にいきめなくなったり、頻尿・尿もれを起こしてしまう要因に。
そこで私も年明けから、お風呂の中でエクササイズ!
と言っても、お湯につかりながら5分間、ゆっくり呼吸をしながらお腹をずっとへこませているだけ。
水圧もあるので簡単にできます。
しかし、お風呂をあがる時には腹筋ににぶい痛みが・・・。
効いている証拠ですかね。
お腹の出っ張り具合が少し違うような気がいたします。
20代の頃のぺったんこのお腹を目指して頑張ります!
もっと積極的にダイエットを頑張りたい方はご相談下さい。
  • 2017.01.06 Friday
  • 13:26

ダイエット

7月18日 FB

若いお嬢さんではなく、もう少し大人の方の【ダイエット相談】を受けていると「やせたい!」という思いの裏に色々な問題を抱えている事がわかります。

 

◯足腰、関節の痛み
◯子供が欲しい、なかなか妊娠できない
◯仕事が忙しくて夕ご飯が遅い、睡眠不足、慢性疲労
◯精神的な問題で薬を服用している
◯生活習慣病

 

特に最近多いのは西洋薬の副作用による体重増加。

 

「今、必要な薬だから」と止める事ができず、体重が増えて心配なのでご相談にいらっしゃいます。

 

お医者様に休薬、減薬していただくためにも、身体の根本を立て直していく事が重要です。

 

漢方屋さんのダイエットはその点、やせる事だけではなく、その方の体質・体調にあわせて【現在、傾いてしまった身体の傾きを正す】手助けができます。

 

ただ体重を落とすだけでは、かえって健康を損ねてしまう可能性もありますので。

 

元気に美しくやせていただけたら最高ですね。

  • 2016.07.18 Monday
  • 13:05