Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

男性の悩み

10月7日 FB

男性は、20代をピークに男性ホルモンの分泌が減少していきます。
これは筋肉量と比例。
筋肉が少ないと、男性ホルモンも少なく、精力だけでなく健康状態にも影響します。
年の差ご夫婦の「妊活」を取り上げた映画も上映されますが、男性はいつまでも子供が作れると考えがちですが、30代以降精子の量・質共に低下します。
運動で筋肉を増やし、食事や睡眠、飲酒、喫煙、ストレスなど生活習慣の改善を試み、血液の解毒が必要になります。
軟便、下痢など胃腸の弱い方もエネルギー不足に陥りやすいので注意を。
なかなかハードルが高いのか、相談に来られる方は少ないのですが、疲労感なども軽減し、身体も気持ちも楽になりますのでご自身のためにもご相談にお越し下さい。
  • 2019.10.07 Monday
  • 14:10

男性の悩み

6月22日 FB

不妊治療を受けている方が増えているので、不妊専門クリニックも増加しています。
しかし、そんな中でも「男性がゆっくり相談・治療できるクリニックがない」との声をよく聞きます。
大抵のクリニックが婦人科だけなので、男性は肩身が狭い。
泌尿器科に行っても、それぞれが独立しているので不妊専門のクリニックと上手く連携がとれない。
そもそも女性ばかりのクリニックに行くのが嫌で、ご主人が検査もしてくれない。
今、これだけ少子化が問題になってるのですから、女性だけでなく男性のサポートもしていかなければ減少を食い止められません。
薬局へのご相談も二の足を踏む男性もいらっしゃいますが、女性・男性両方の薬剤師がおりますので一度ご相談に来ていただきたいです。
不妊の原因は男性:女性=50:50ですから、ご夫婦どちらのお身体も整える必要があります。
  • 2019.06.22 Saturday
  • 13:53

男性の悩み

11月30日 FB

女性の様に「閉経」というはっきりした区切りの無い男性は、いつまでもしっかり男性ホルモンが分泌されていると勘違いされている方も。
30歳すぎから徐々に男性ホルモンの分泌は減り、70代では20代男性の半分程度になります。
一方、女性ホルモンの量は増え、60代男性では、20代の頃の約2倍に!
男性ホルモン濃度が低下し、女性ホルモン濃度が上がると血栓形成を促進する事がわかっています。
男性は、女性に比べて血栓病にかかりやすいので、心臓脳血管疾患への警戒が必要です。
男性ホルモン量は筋肉量に比例します。
筋肉をいかに増やすかが、元気の秘訣に。
胃腸が弱い、冷え症、メタボ、血液ドロドロなどでなかなか筋肉が増えない方は、まず体の中から変えていきましょう!
特にお腹だけポコッと出ている「内臓脂肪」タップリの方は肝臓に脂肪がついて女性ホルモンが増えるため、特に要注意ですので、お早めにご相談下さい。
  • 2018.11.30 Friday
  • 14:19

男性の悩み

9月20日 FB

前回も反響のあった「NHKクローズアップ現代+ 精子力クライシス」。
昨日の放送でも言われていましたが、まだまだ「不妊治療は女性が対象」と思われている方が多いようです。
WHOでも不妊の原因は男性50%、女性50%と言っています。
産婦人科で精子検査を受けられても「ちょっと運動率が悪いですね」と言われても他の数多くの精子が動いているのだから全然大丈夫とつい考えがちです。
しかし、見た目が普通でも遺伝子に傷のある精子があったりと、やはり妊娠できない・流産してしまう原因が双方にないかどうか、早いうちに生活習慣からも見直していただきたいです。
運動する、禁煙する、体重を落とす、早く寝るなど本当に毎日のちょっとした事を改善する事で精子の状態は変わります。
産婦人科に受診しにくい方も多いでしょう。
男性不妊を専門にしている泌尿器科医は日本に50人ほどしかいないそうですので、まずは不妊漢方薬局でお話を聞いていただくのも一つの手段です。
ぜひご相談下さい。
  • 2018.09.20 Thursday
  • 14:20

男性の悩み

3月16日 FB

不妊の原因としてよくいわれるのが「卵子の老化」と「精子の劣化」です。
新たに作られる事のない卵子は、自分と一緒に年を取ります。
毎日作り出される精子は、加齢やストレス、栄養状態などでエネルギーが不足すると元気な精子を作れません。
また、精子は熱に弱いので一時貯蔵する【精巣(袋)】が温まり過ぎると劣化します。
締め付けるようなパンツ、長時間座りっぱなしはオススメできません。
ここで「温めてはいけない」というと、冷たいものをガンガン取る方がいらっしゃいますが、それはダメ!
精子を生成するエネルギーを作り出すためには、内臓は冷やしてはいけないのです。
体温:筋肉量:男性ホルモン量は比例します。
運動して、筋肉の原料となるビタミン・ミネラル・タンパク質をしっかり取り、内臓を冷やす様な白砂糖、南国の果物、ジュース、アイス、ビールなどは控えて下さい。
そして、長期間の精子の貯蔵も精子を劣化させるのでどんどん使い、溜め込まないようにして下さい。
  • 2018.03.16 Friday
  • 13:05

1