Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

炎症

2月27日 FB

風邪が引き金の「大人の喘息」が増えています。
子供が多いイメージの喘息ですが、特に60代、70代に多く見られます。
気道が慢性的な炎症を起こしている「喘息」、ヒューヒューゼーゼーといった発作が起こらない場合、喘息だと気付いていない方も。
健康な状態の気道では、空気の通る内腔が広く保たれていますが喘息の方は気管支の粘膜層が厚くなり、痰も出て内腔が狭くなります。
ちょっとした刺激でも筋肉が収縮して空気の通り道が狭くなり、呼吸困難や空咳、胸の痛み、動悸、息切れ、背中の張りなどの症状が出ます。
アレルギー性と非アレルギー性(気温・気象の変化、ストレス、運動など)に大きく分けられます。
気・血・水のバランスが崩れていたり、年齢によって粘膜の潤いが不足していたり、原因や体質は様々。
お体に合った漢方薬で長引く咳を早く鎮めて下さい。
常に咳き込んだり、夜中に咳で目が覚めたりしているとどんどん体力を消耗してしまいます。
  • 2016.02.27 Saturday
  • 12:23

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback